アムステルダムツアーズ
Diary
現地の最新情報や、ツアーの様子など。ツアーガイド達による現場からの声を日々楽しくお届けします
copyright © 2013 Amsterdam Tours
オランダの首都アムステルダムは、たいへん多くの顔を持つとても魅力的な街です。
17世紀に物資の運搬用に掘られた運河と周りに建てられた美しいカナルハウスが街の最大の魅力といえましょう。
今も美しく残された400年前の家々は巨大なミュージアムのごとく街の中心に存在し、ライトアップされた夜などはまるでおとぎの国に迷い込んだかのようです。
この街をある人は”北のベニス”と呼び、ある人は”大人のディズニーランド”と呼びます。
街の中を巡る運河からその名称も頷けます。
もう一つ”大人の、、、”のほうは大人の快楽を満たしてくれるというところなのでしょう。
飾り窓地区、コーヒーショップetc、、、。
日本では考えられない事がこの街では普通に存在しています。
とても寛大で本人の責任のもとに選択を委ねたこの国の方針に共感して住みつくこと早20年が過ぎようとしています。
非常に先進的な考え方を持つ進化した街である反面のんびりしたオランダ人の気質が”Village”という印象をいつまでも与え続ける街、アムステルダム昔から多くの移民を受け入れて”ここで産まれた子はみんな”オランダ人”的考えをもとに実に多国籍で色んな色の人々がオランダ人として暮らしています。人々の肌の色が街の景色によく映え小さな街であるにもかかわらずとてもインターナショナルな印象をあたえます。
そういったオランダ人の寛大な姿勢が吉とでたのかこの国の人々は非常に多くの言葉を操ります。
英語が八百屋さんで通じて、フランス人に道を聞かれたらフランス語で答えるオランダ人。
旅行者にとっては非常に旅行しやすいところだといえましょう。
とはいってもやはり観光地、危険な事もたまにはあります。スリ、置き引き、にせ警察等。他のヨーロッパの街の話を聞くとまだまだ安全なようではありますが油断は禁物です。そういった旅行者の皆さまのお手伝いを始めてあっというまに約20年が過ぎました。
振り返ってみると一冊の本でも書けてしまいそうなたくさんのエピソードがありました。
そのエピソードをこのウェッブにつめてみようと思います。

かゆい所に手が届く ”をもっとうにアムステルダムだけに留まらずご希望にあわせた旅のコーディネートをさせて頂きます。
観光地はもとより”穴場”を覗いてみたい方是非ご一報下さい。

柴田惠子